クリックからビジネスチャンスをまねくニャー!応募する
デザインは
コロナに負けないっっっ!

「デザイン」という言葉に、どのようなイメージを持たれていますか?
美しいビジュアル、かわいらしい色彩、洗練されたフォルム、そうしたイメージでしょうか。

しかし、デザインは見た目の色や形だけではありません。
お客さんのニーズを満たす、社会の課題を解決するなどの事業目的や想い、それを実現するためのアイデアや工夫も、実はデザインです。

手掛けた商品を売るには、その価値をお客さんにきちんと伝えることが必要になります。漠然と伝えていては、本当に必要な人に届かないかもしれません。だから、誰に向けて、どのように伝えるのかを決めなくてはいけません。これもまたデザインの役割です。

経済のグローバル化やデジタル化はもとより、新型コロナウイルス感染症など、急激に変化する社会の中で、ビジネスを継続し発展させていくためにデザインの力は今まで以上に重要になっています。ビジネスとデザインの関係がもっと身近なものになれば、次なる成功をまねいてくれると私たちは考えています。

福岡デザインアワードとは

2019年はJR博多シティーホールで
50点のノミネート商品が並んだ

福岡デザインアワード(FDA)は1999(平成11)年に創設された、優れたデザインを評価、発信するコンペティションです。
昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を見送りました。事業者のみなさんも、コロナ禍にあって大変苦労されながらも、停滞することなく商品開発に取り組み、アフターコロナを見据えられていることと思います。
FDAも歩みを止めることなく、未来を切り拓く商品を世に出すお手伝いをすべく、今年の開催を決めました。

FDAで求められているのは「ビジネスチャンスをまねく商品」であること。ただ美しい、カッコいいだけでは意味がありません。確かな技術力や機能性、受け継がれてきた伝統を明日に伝える強いコンセプト、自然や地域社会との共生。それらの要素をうまく伝えるデザインが一体となったものが「まねく商品」です。

デザインが集まる福岡県

大賞を受賞した酒見椅子店の作業工場で開発秘話を伺った

福岡県は多数のデザイン事務所が存在し、デザインを専門的に学べる大学や専門学校などもある、全国でも有数のデザインの集積地です。
大都市の活力を持ち、優れた工業技術を有する地域でありながら、豊かな自然を生かした農林水産業も盛んで、アジアとの文化交流の拠点でもあります。
さまざまな分野において活躍する方々がいるからこそ、福岡の街はそれぞれが魅力にあふれ、新しいことに敏感な人たちの注目を集める地域となっています。

FDAはまねき猫。
3つのメリット

参加費0円、
むしろ賞金がもらえる

エントリーすることによる費用はありません。それどころか、大賞50万円(1件)、金賞5万円(4件)、銀賞1万円(10件)を獲得できるチャンスです。
また、一次審査を通過すれば、他分野の人との出会い、PRの場や学びの場があります。受賞することで広く知ってもらうことにつながります。県だけでなく、経済界や多くの団体が協賛、後援として参画しており、応募作品を注目されています。参加費は無料でも、得られるものはプラスばかりです。

ブラッシュアップの
ヒントが得られる

会場にある商品の数だけ技術や物語があり、会場にいる人の数だけアイデアや想いがあります。参加して多業種の企業やデザイナー、バイヤーとつながることで、視野、知識、考え方が大きく広がります。何かを変えてみたいと考えていた方には、殻をやぶるチャンスになるかもしれません。商品改良やブラッシュアップのヒントが得られることでしょう。
ブラッシュアップだけでなく参加者同士のコラボレーションなども実現しています。

商品の魅力をお届け、
新しい販路をまねく

受賞商品は、インフルエンサーによってニーズの見込める層への情報発信、発信後の分析を行います。その結果をもとに、次なる販売戦略を立てることにもつなげられます。
ノミネート商品も、事務局である福岡県がプレスリリースと記者会見で商品を広くPRし、魅力をお伝えします。また、販売会など商品をお披露目する場を設けることで、商品のよさを直接お届けします。
※新型コロナウイルス感染症等の影響により内容変更となる場合があります。

出品者の声

大賞

営業ツールの獲得

株式会社酒見椅子店 大隈しおりさん

『大賞受賞商品』としてPRすることで、お客様の認知度向上と共に販路が拡大いたしました。ご注文分やふるさと納税返礼品として発送する際は「受賞商品集」の開発ストーリーページを同封しスタッフの想いを届けることで、リピーター率も上昇しております。この受賞を機に私ども酒見椅子店をより知っていただき、沢山の空間と皆様のお心に“花”を添えてまいります。

大賞

アワードで出会いコラボレーションが実現

株式会社ITOHEN 綿瀬麻意子さん

新商品の開発をする中で、商品を入れる箱を検討していたところ、デザインアワードの会場で知り合った製造会社の人に製作を依頼。過去にも伝統織物の企業さんと複数コラボ商品を製作しました。アワードがきっかけで出会い、県内の企業同士で協力し合い良い商品が出来上がっています。

大賞

お隣のブースの出展者と翌年一緒にアワードへ挑戦

スウトデザイン 長尾朋貴さん

出展ブースが近かった料理教室の企業さんと交流して仲良くなりました。出展されているまな板を見て、もっとこうしたら良くなるかもしれないですね、とアドバイスしたことがきっかけで、デザインを任せてもらい、翌年のデザインアワードに一緒に挑戦し優秀賞を受賞しました。

大賞

お客さんと繋がった場所

ゆげ製茶 弓削京子さん

受賞特典の東急ハンズプロモーション販売会に参加しました。この販売会がきっかけで、売上が向上、東急ハンズと正式なお取引きがスタートしました。東急ハンズでは販売だけでなくワークショップなどのイベントも何度も実施させていただいたことで、興味を持ってくれるお客さんが増え、実店舗への集客につながりました。

大賞

新しいビジネスチャンスを獲得

神楽フィースト株式会社 岩永満宏さん

デザインアワード商談会に来場されたクラウドファンディング事業者と出会い、 お話をしていくうちにあたらしい商品PR方法としてクラウドファンディングを 展開することとなりました。資金調達だけでなく商品及び事業の信用度がアップ し、営業展開の礎になっています。

審査委員

顔写真
審査委員長
九州大学 名誉教授
森田 昌嗣

平成11年から始まった福岡デザインアワードは、今年度、第23回を迎えました。令和元年度からは一次の書類審査でノミネート商品を絞り込み、その中から実物等による最終審査で受賞商品をより綿密に審査する方法を採用しました。地域から日本、世界へ発信できる“地域のデザイン力”で牽引する意欲的な応募を期待しています。

  • 顔写真
    副審査委員長
    九州大学大学院芸術工学研究院
    教授
    清須美 匡洋
  • 顔写真
    審査委員
    九州大学大学院芸術工学研究院
    准教授
    池田 美奈子
  • 顔写真
    審査委員
    iBankマーケティング株式会社
    代表取締役副社長
    内田 一博
  • 顔写真
    審査委員
    株式会社岩田屋三越
    マーチャンダイザー
    佐藤 克美
  • 顔写真
    審査委員
    株式会社電通九州
    クリエイティブディレクター
    瀧澤 勝弘
  • 顔写真
    審査委員
    公益社団法人JAGDA福岡
    グラフィックデザイナー
    平松 聖悟
  • 顔写真
    審査委員
    株式会社マクアケ
    九州拠点キュレーター
    宮田 紗良
  • 顔写真
    審査委員
    株式会社九州博報堂
    クリエイティブディレクター
    山田 彰

賞金

大賞 50万円 1組
金賞 5万円 4組
銀賞 1万円 10組

開催スケジュール(予定)

出品者募集
令和3年4月30日(金)~
7月30日(金)23:59まで
一次審査会
9月上旬
[ノミネート企業50社決定]
最終審査会
令和3年10月27日(水)
10時~16時
[受賞企業15社決定]
場所
福岡県庁3階 講堂

※一次審査の結果は、9月中旬にお知らせいたします。
※一次審査通過(ノミネート)企業については、最終審査会の立会いが必須となります。

応募要領

応募資格
日本国内に事業所等をおく中小企業者または小規模企業者等。

応募対象
日本国内において製造または販売する商品・サービスのうち、次の要件を満たしているもの。
•反復生産が可能なもの。
•概ね5年以内に開発されたもの。
•現在販売中または今年度販売予定のもの。
※過去に応募したことのある商品やサービスについても、その後、改良を加えたものは再応募が可能です。

応募費用
無料。ただし、最終審査に伴う商品・サービスの搬入搬出及び展示に要する経費及び審査委員に説明を行う立会者の人件費・交通費等については、応募者の負担となります。

応募部門
A 衣料・アクセサリー(衣服、バッグ、時計、貴金属など、身につけて使用するもの)
B 食品(食材や製法にこだわった飲食に関するもの)
C 健康・美容・福祉用品(健康グッズ、化粧品、医薬品、介護用品など身体に働きかけるもの)
D 生活雑貨・生活用品(生活用品、文具、玩具など、主に手にとって使用するもの)
E 家具・インテリア(家具、畳などおいて使用するもの、照明、カーテンなど空間を構成するもの)
F 産業・商業・公共空間機器(OA機器、医療設備など事業活動や公共空間において使用するもの)
G 情報・サービス(ソフトウェア、デジタルコンテンツなどサービスを提供するもの)
H イベント・地域ビジネス(イベント、地域行事・催事に関するもの)

審査基準についてはこちら

Q & A

Q 個人が応募することは可能ですか?

A 可能です。

応募要件には「日本国内に事業所等をおく中小企業者又は小規模企業者等」と規定しています。
「事業所等」の例としては、本社・支社・工場・営業所・事業所・事務所などがあります。
「中小企業者又は小規模企業者等」の例としては、株式会社・有限会社・協同組合・NPO法人・学校法人のほか、個人事業主の方も含みます。

Q 形のないものでも応募できますか?

A 可能です。

形のないもの(ビジネスモデルやサービス、ソフトウェアなど)でも応募可能です。

その他のよくある質問

お問い合わせフォーム